鵞足炎

膝の内側が痛い!それ鵞足炎かも・・・

◎鵞足炎とは
◎鵞足炎が起こる理由
◎鵞足炎の対処法

膝の内側が痛い。
立ち座りの動作で痛い。
病院行ったら変形性膝関節症と言われたけど・・・

膝の内側が痛くなって、変形性膝関節症と診断。
とても多いお話です。
そんな方が当院に来られ触診していくと・・・
??ホントに変形性膝関節症から来る痛み??
ということが珍しくありません。

確かに痛がっているのは膝の内側。
でも圧痛を確認すると、ピンポイントで痛いのはスネの上の方、中央より内側。
つまり膝関節自体の痛みではないということになります。
これは【鵞足炎】(がそくえん)の可能性大です。
膝が痛いと来院されるの中でも、鵞足炎と思われる訴えの割合は結構あるのです。
そこで今回は鵞足炎について紹介していきたいと思います。

スタッフ紹介

1、鵞足炎とは

まず鵞足炎の場所ですが、脛骨(スネの骨)の上部、内側の鵞足部と呼ばれるところです。
鵞足炎

※ビジブル・ボディのご厚意による画像を使用しています

骨盤から3本の筋肉が膝の内側を通り鵞足部に付着します。
何らかの影響でこの3本の筋肉が緊張し鵞足部を繰り返し引っ張る状況が起こります。
付着部である脛骨(スネの骨)上内側部の鵞足部に痛みが出てきます。

※ビジブル・ボディのご厚意による画像を使用しています

スネの上の方の問題なので厳密に言うと膝関節の問題ではないのですが、膝の内側が痛いという表現になってくるのです。

膝の内側が痛いという訴えを聞いただけだと、歳によっては変形性膝関節症が浮かんできますが、触診で違いがわかります。
中学生くらいからご老人まで幅広く起こります。

2、鵞足炎が起こる理由

鵞足炎が起こる理由は一つではないですが、大きく関わってくる問題点があります。
それは【ニーイン・トゥーアウト】という脚の向きの問題です。
ニーイン→膝が内側、トゥーアウト→つま先が外側に向いて使っているということです。
太ももが内旋(内側にひねられている)、膝下が外旋(外側にひねられている)となります。
結果、膝の内側の鵞足部についている筋肉の緊張が強くなり、鵞足部が炎症を起こすのです。

3、鵞足炎の対処法

鵞足炎になってしまった場合どんな対処法があるのでしょうか。
セルフでは運動の中止や軽減、内転筋(腿の内側)、内側ハムストリング(腿の裏側の内側)をストレッチなどで対処することが大事です。
鵞足部への負担が軽減して筋肉の緊張が落ち着いてくれば、鵞足炎の症状も収まってくるでしょう。

ただし、それだけでは今後また鵞足炎が起こる可能性が大ですので、予防のために根本となる部分を改善したいところです。
先にも出てきました内転筋(薄筋)、内側ハムストリング(半腱様筋)、縫工筋のストレッチにプラスして、内股(股関節の内旋)、膝下の外旋を改善するエクササイズを長期的にやっていく必要があります。
簡単には治りませんが、根気よくやることにより鵞足炎を起こしにくく、かつニーイン・トゥーアウトにより起こる他のトラブルのリスクも軽減されます。
痛みがなくなってくると、今後のためにエクササイズという気持ちが萎えてしまうものですが、そこはご自身の体のためですので是非とも頑張って頂きたいと思います。

※今回、エクササイズの詳細は割愛させていただきます・・・


 

◉はた整骨院
◉リアルコンディショニング&ケア(2階)予約制 カード精算可
川口市南鳩ヶ谷4−15−18 ワークショップ南鳩ヶ谷C号
南鳩ヶ谷駅 徒歩5分
月~水・金曜日 9:00~12:00/15:00~20:00
土曜日     9:00~13:00/15:00~18:00(午後は自費診療完全予約制)
日曜日     9:00~13:00
木曜日・祝日は休診
電話・FAX 048-229-3333(整骨院、リアルコンディショニング&ケア共通)
はた整骨院HP:http://hata-seikotuin.com/

院長ブログ:http://www.hatogaya-hataseikotsuin.jp/blog/blog/

フェイスブックページ:https://ja-jp.facebook.com/Hataseikotuin

※フェイスブックページにイイネしていただけると当院からの情報が届きますよ!

川口市・南鳩ヶ谷徒歩5分、ぎっくり腰・腰痛・骨盤矯正・筋バランス調整・肩こり・交通事故・スポーツ外傷・O脚・その他痛みに対しての施術、ゴルフのパフォーマンスUP、体力UPのためのエクササイズ指導、ダイエットはお任せください!

こんな地域から来られています

足立区、北区、練馬区、川口市(元郷、朝日、鳩ヶ谷緑町、本町、八幡木、青木、上青木、幸町、西川口、南鳩ヶ谷、鳩ヶ谷、戸塚、安行、並木、前川、弥平、領家、赤井、本郷、新堀町、榛松、辻、里、三ツ和、坂下)、戸田市、蕨市、

※業者様の営業電話はご遠慮下さい!

関連記事

  1. 姿勢の基準

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP